外壁塗装工事の工程

外壁塗装の開始から終了までおおよその目安を紹介します。お住まいの大きさや天候によって左右されますが、参考にしてください。

  • 着工前●

着工の前に塗料の色をしっかりと確認しましょう。小さなサンプルでは実際に塗装されたときに、イメージと大きく異なる場合があります。ですから大きなサイズでのサンプルを要求するか、できれば試し塗りをしてもらいましょう。足場の組み立てが始まる前に、近隣へのあいさつと説明をしっかりと済ませ、家の周囲にあるものを事前に撤去してください。サービスで業者が片付けてくれるところもあります。

  • 洗浄、下準備●

塗料の密着度を高め、養生をしやすくするために外壁を半日から1日かけて高圧の水で洗浄します。その後、目地の防水作業(コーキング)が行われます。コーキングは一般的に外壁塗装と一緒に行われるケースが多数です。外壁の状況によって、施工の順番は前後しますが、金属部分へのさび止めのトップやひび割れの補修なども行います。その後塗料がついてはいけない窓や足元のコンクリート部分を保護するために、ビニールやテープを使って養生を行ってから本格的な作業に移ります。

  • 下塗り●

塗料をしっかりと密着させるために欠かせないのが下塗りです。塗料の吸い込みを抑える役目があり、着剤のような役割を果たします。下塗り剤には水系タイプと溶剤タイプがあり、目的ととこの後に塗る塗料の性質に合わせて選択されます。

  • 中塗り、上塗り●

外壁塗装中仕上げの工程です。塗装は基本的には2回塗ります。しかし中には経費を抑えるために1回しか塗らない業者もおり、要望の聞き取りを行う営業担当者と職人の間でしっかりとした作業工程に関する意思疎通ができていない可能性があります。「こんなはずでは・・・」となる前に不安に思ったことがあれば、その場でしっかりと確認しましょう。

 

 

上塗りが終わったら、最終確認をして、足場を解体し、移動したものを元の位置に戻して、清掃したら終了です。保証がついている場合は保証書をかならず貰ってください。